結納をやる場所について

結納を行う場所としては、新婦の実家を利用するというのも選択の一つです。
実家を選択すれば、新婦側の家族に挨拶がしやすく、まだ会ったことがない方にもこの機会に顔を合わせることもできます。
実家ですので、ちょっとした食事会みたいな雰囲気で行うのも良いですし、正式な形で行うことも可能ですが、場所を予約したり料金をかけずにできるという利点はあります。
ただ、新婦側に負担を掛けることにもなりますので、打ち合わせの段階で無理をしない様に調節をしていくとよいいかもしれません。
レストランなどの個室を利用して結納をするというのもよいでしょう。
顔合わせの食事会にもなりますが、実家でやりますと料理などを準備するのが大変ですので、レストランなどを利用すると準備の心配などがいらず、お互い気を使わないでとり行えることでしょう。
個室でないと周りが騒がしいなどで落ち着かない場合がありますので、個室を借りた方がスムーズです。
またレストランで結納をするのではなくて、食事会をする形にして儀式自体は新婦の実家でやるという方法もあります。
組み合わせてやっていくこともできますので、自由に都合の良いやり方を選んでいくとよいでしょう。
結婚式前に中々顔合わせができないという時には、この結納が絶好の機会になると思います。
格式にとらわれたり、特に結納に対するこだわりがある場合は別として、両家の都合と本人たちの希望を上手く取り入れていくとよいでしょう。